今更刀剣乱舞にハマった。

今更刀剣乱舞にハマった。

ゲームは2017年に登録してゆるゆる始めているし、アニメだって見てたし、紅白歌合戦に出てた刀剣男士たちも目にしたのになんで今更なのか自分でも分からない。

加州清光がいちじくをかじるところを見ていたいという感情が大きすぎてすごい。

 

とても前の話からする

刀剣乱舞、ハマるまでは世の女オタク達がまさに狂喜乱舞しながらハマっているジャンル、というイメージだった。

ゲームのサービス開始当初、当時艦これをプレイしていた私には、艦これがウケたから安易に女性向けしたようにも感じてなんとなく面白くなく、しばらく遠ざけていた。

そんな私が刀剣乱舞を始めたのはなんとも切ない理由なのだが、就職して大学生であった頃よりも私生活にとれる時間、特に自宅でパソコンの前にいる時間が短くなり、艦これをプレイしている余裕がなくなったということにあった。当時(今もかな?)艦これはiPhone用のアプリをリリースしておらず、一方刀剣乱舞iPhoneアプリが配信されていた。ゲームシステムが艦これに近いということは知っていたし、私はもともと二次元のイケメンが好きだったため、出先でもできる刀剣乱舞に手を出してみようかと思った。

 

とはいえ、ゲームを始めてすぐに刀剣乱舞にドハマりしたかというとそうでもない。
当時はなんかなじまないんだよな、くらいに思いながらだらだらとゲームをしていたが、今となるとその理由がわかる気がする。

刀剣乱舞には、ゲーム内に明確な物語が存在していない。

「歴史改変を目論む”歴史修正主義者”に対抗すべく、刀剣男士を各時代に送り込み歴史を守るために戦う」

ざっくり言うとこんな感じであり、逆に言うとこれ以上のストーリーらしいストーリーはほとんどないと言っていい。

えっ嘘でしょだってpixivの投稿件数があんなにあるのにみんなどこから妄想してるんだよと思うじゃんか、私も思ったんですけど、まあキャラクターたちがそもそも長い歴史という物語の中にある刀剣なのでみなさんそういうところから妄想したりとか、ゲーム中の台詞から妄想を広げたりとかなんかそういう感じだったんだと思います。(今はアニメや舞台やら刀剣乱舞としての物語を摂取できる媒体がある)

話を戻すと、刀剣乱舞にはストーリーがなくて、それをくみ取りたいという姿勢も特になかった当時の私はそこまでハマらなった。

このときのゲームゆるゆる勢の私は、ゲームの6面(詳しい説明は省くが戦闘システムが変わったりして体感難易度が急に上がる)でつまずき、そのままゲームからしばらく離れることになる。

 

(この間にアニメもあった…みてた、みてたんだけどゲームゆるゆる勢の私にはキャラが多くて覚えられないし、花丸はかわいくて癒されるし実質百合アニメだな~とか思いながら見てましたが、あんまり覚えてないので正直かなり流し見していたんだと思う…怠惰なオタクですまない)

 

そして時は2018年10月、刀剣乱舞をプレイしていたことも忘れかけていた私だが、職場の人事異動により部署が変わる。当然周りで仕事をする人も変わるわけで、そんな中私の隣の席になったのは女オタク(仮称をA川さんとする)だった。

ヒプノシスマイクの話を私がうっかりしてしまったことによりお互いオタクだと分かり、そのうちお互い腐女子ということも分かりすっかり安心しきった私たちは、仕事の合間にアニメやらゲームやらの話をするようになる。その中で話題に上がったのが映画刀剣乱舞だった。

A川「見ました?私、ゲームやってないんですけどオタクとしてやっぱり見ておいたほうがいいかなって思って明日見に行きます」

私「そしたら私も今週末見に行きますわ」

ということで映画を見たらまあよかった…。ゲーム刀剣乱舞で摂取できていなかった物語部分が一気に補完されたし、実際に刀を振るって、それに合わせて袂が揺れる、その様がとてもかっこよかった。

その旨をA川さんに話をしたら「いやめっちゃよかったですよね!?私ゲームはじめちゃいましたよ」って言われていや分かるそうだよな私もやりますわ、と思いゲームを再開。

 

それからの日々は隣の席のA川さんとゲームの進捗や今日の鍛刀結果を報告し合う日々。

やっぱり気軽に毎日どうでもいい話を面と向かってできるオタクが近くにいると人間捗ってしまうんですよね…。この頃はまだ明確に推しも決まらないしそんなにずぶずぶという感じでもなかったけれど、A川さんと話せるおかげで日々楽しくゲームしてました。(今も楽しくゲームしてます。)

 

異変

そして、先に述べた6面をようやくクリアした私は、ここでいよいよ刀剣男士を「修行」に旅立たせることができるようになる。

「修行」とは、一定レベル以上の刀剣男士を旅立たせると、「極」というより強力な状態で帰ってくる。ポケモンでいうところの進化みたいな感じ。

旅立たせてから帰還まで96時間かかり、その間1日1通、修行中の刀剣男士から手紙が届く。

私を狂わせる第一手は刀帳番号11番、今剣からの手紙だった。

ネタバレになるので内容については差し控えるが、正直泣いたのでそのまま「泣いた」とTwitterに書いたら刀剣乱舞有識者の友人から「刀ミュを見てくれ」という旨のリプライが来る。

 

刀ミュ見た

おすすめされたやつが登録してた見放題サービスにあったのですぐに見ます。「うそ~~~!?!?」って気持ち、ストーリーいいしみんなかわいくてかっこいいし、公式が本気でアイドルパロ始めちゃうし、情報量がすごくておばちゃんついてけないでも幸せ・・・みたいな気持ち。

今剣目当てで見始めたはずが、気付いたら加州清光(顔がかわいすぎる役者さんありがとう)を目で追ってる。ここで気が付く。私の推しって加州清光か?

 

一方うちの本丸は

私のゲームの加州清光を見てみたら全然レベリングしてなくってまだレベル11!赤ちゃんだよ~!って感じだったのでひとまずレベリングを始める。

加州清光、相当初期に手に入る刀なので私が今まで加州清光に全く興味がなかったことがうかがえる。

 

刀剣乱舞の仄暗さ

そもそも刀剣乱舞なんですけど、この世界観についてよくよく考えてみると結構しんどい。

だって武器として活躍する彼らは現代にはもう存在していなくて、そんな歴史を守るため、彼らが戦うなんて、なんか、なんか…。

刀剣男士は、歴史上、戦の中で以前の主(歴史上で彼らの使い手だった人物)を失った子達も多くいる。

以前の主が負けると分かっている戦。その結果を覆そうとする「歴史修正主義者」。そんな彼らから歴史を守り、以前の主が散っていくのを見届ける刀剣男士たち。(私が観たミュージカルではその辺の葛藤も鮮明に表現されていて、それがとても良かった。)

 

それと、ゲームをしていると感じるけれど、刀剣男士たちの戦い、もしかして終わりがないんじゃって思うんですよ。

ゲームの性質上仕方ないんですけど、たくさん、同じステージを周回するわけです。何十回何百回と。

ゲームのステージというのはある時代のある場所に行く、というていで成り立っていて、そこには当たり前のように敵がいつもいて、なんというか同じ時代の歴史を何度も何度も何度も守り続けるのって戦ってる彼らからしたらとても果てしない(もしかしたら本当に果てがない)ことで、時には傷つきながらそれを繰り返すしかない彼らって、と思ったらとても胸がきゅっとなってしまう。
あの時こうしてれば彼を助けられたかも、みたいなそんな歴史を助けることもできずに守り続けなければならない。何度も何度も。

私の推し(仮)の加州清光は、新撰組沖田総司の愛刀で、池田屋事件で切っ先が折れその後沖田が加州清光を使うことはなかったとされているそうです。

そのためゲームでの加州はよく「可愛がってほしい」だとか「愛されたい」だとかそういう台詞を口にします。重傷でボロボロな姿になっている状態では「こんなボロボロじゃあ愛されるはずない」みたいなことを悲痛に言います。

時間をさかのぼって歴史の現場に行ける彼らならば、きっと”そうじゃない”未来も作れるはずなのに、それは許されないなんて、なんてもどかしいんだろう。

私が愛してやるしかないのか…。(仄暗い話が大好きオタク)

 

と思っていたら加州清光のレベルがカンストしたのでいよいよ修行に出さなくてはと思いました。

なにが言いたいか全然分かんない記事になってきたのでもう終わります。

いつか刀ミュを見に行きたいけどそしたら一生沼から出てこれなくなりそうで怖い。とうらぶはいいぞ。

 

加州清光がいちじくを齧るところが見たい。

アイドリッシュセブンがとても好きな話

平成30年7月7日、8日の二日間にわたって開催されたアイドリッシュセブン1stライブからもう1ヶ月半くらい経つって本当に?

私はあの日から「アイドリッシュセブン推しててよかった」って毎日思ってるよ?

となってので昔とってそのままだったブログアカウントを引っ張り出してきました。

ストロングゼロを片手に書いているので寛容な心で読んでください。

 

アイドリッシュセブンって知ってますか?

ストーリーを読み進めるタイプの音ゲーです。とりあえずダウンロードしてみてください、音ゲーをたまにやるとストーリーがぐんぐん読めます、これがまた最高なんだ。

 

 

play.google.com

 

アイドリッシュセブンの何がどうすごいかを書いた素晴らしい記事はほかにたくさんあるので、この記事ではわたしとアイドリッシュセブンについてだらだら書こうと思います。

 

私とアイドリッシュセブンの出会い

私がアイドリッシュセブンをプレイし始めたのは2016年8月のことです。

リリース開始が2015年8月20日なので、だいたい一周年直前くらいでした。

 

某日、私はオタクの車に乗っていました。

私は小学校のメンバーといまだに仲が良く、同級生男女問わず10人前後で集まり年に1~2回人の家や地元の集会所で酒を飲んだりご飯食べたりする会が行われています。そしてこの日も、その会の日だったんですよね。

特に仲のいい女オタク達4~5人でお昼食べて、カラオケ行って、例の会の買い出しをして帰る、みたいなスケジュールでした。

地元に住んでいて車を持っているオタク女(彼女を以降Aとします)の車で移動してたんですよ。

まあオタクなのでアニソンとかがだいたいかかっています。その日かかっていたのが、作中登場する楽曲「NATSU☆しようぜ!」でした。

www.youtube.com

 

タイトルだけで「なんだこの曲www」ってなりません?私はなりました。

聞きながら「いやナツしようぜ!ってなんだよwww」「歌詞の内容が全く頭に入ってこないwwww」「NATSUしようず!!に空耳してしまうwww」とかさんざん馬鹿にする姿勢から入っていました。今思い出すと腹を切りたい。すみませんでした。

この日にカラオケでAがこの曲歌っていたんですが、合いの手がめっちゃ楽しいんですよね。気付いたら叫んでた。オタクは合いの手があるとすかさず叫ぶ。

そしてピザを買って幼馴染氏の家のはなれ(私の実家から徒歩30秒)に行き、酒飲んだり最近どうよ~みたいな話をしていたんですが、私と、一緒にAの車に乗っていたオタク女(彼女を以降Bとします)は、Aに勧められ、アイドリッシュセブンをダウンロードしてプレイし始める。

ソシャゲあるあるだと思いますが最初のほうはレベルがすぐアップするのでライブが無限に遊べるんですよね、そしてアイドリッシュセブンの場合はストーリーもがんがん読ませてくる。「え~ん、やめどころがわかんないよう…」と言いながら過ごしていた気がする。この日どこでやめたかあんまり覚えてはいない。

 

そして沼へ

そしてBとのLINEを見返してみたんですが、この直後からずっとアイドリッシュセブンの話をしていて笑った。「どこまで進んだ!?」とか、オタク特有の妄想話とか。

途中Bの結婚式があったりとかユーリオンアイスがすごかったりとかしたけどだいたいアイドリッシュセブンの話をしていた。たぶん気付いた時にはすでに沼に落ちていた。

 第2部あたりから本当におもしろすぎてストーリーを読む手が止まらなくなる。

可能な限りずっと読んでた。

ネタバレになるからなんもいえないけどとりあえず読んでくれ頼む。

↓2部の予告PV 全員推し~!

www.youtube.com

 

そして心臓を握られる日々へ

 そんなこんなで「アイドリッシュセブン最高~!大好き~!」と思っていたら、新章第3部の公開へ。薄々気づいてたけどここでやっと確信を得る。あ、アイドリッシュセブンってやっぱやばいコンテンツだったんだな、と。

 

↓3部の予告PV このシリアスなサウンドに乗せられて厳しい気持ちになるセリフがばんばん飛び出す。特に最後の九条天さんの台詞が吐きそうになるくらいしんどいし「アーーー!!!」って声でちゃうよね~

www.youtube.com

 

アイドルをここまで解剖した作品はとても稀有なんじゃないでしょうか。

キャラクターの個人的な人間性・問題ももちろんのこと、概念としての「アイドル」というところまで深く切り込んでいる気がする。(個人の意見ですが)

事務所の力関係であったりとか、ファンが求める理想のアイドル、それになれなくて苦しむアイドル達とか。

第3部、全体的に話が重いし内容が濃すぎるんですけど、第2部まではすでに配信していたものを一気読みした身からすると、第3部のリアルタイム更新を待つのはとても辛かった・・・。

嗚咽するくらい泣いたりもしたけどその分アイドリッシュセブンがさらに大好きになりましたが、ストーリー更新のたびに魂が抜ける思いだったし本当に胸がいっぱいすぎてご飯が喉を通らなくなることもあった。こんなに1つの作品に生死を左右されることある??

 

そしてアニメ化

アプリでは第3部が真っ只中のところ、アニメ放映がスタートします。

1,2話の先行上映会を幼馴染B氏と東京の映画館で観ました。(彼女はわざわざこれのために旅行の予定を前倒して東京まで来たエネルギッシュなオタクです)

いやーーーーーーー………。

ずっと口元を覆いながら見ていた記憶がある…。エッ動いてる…あっそうそう最初はこんなことあったよね…。アーそうそう…。うわしんど…。みたいな。

↓1話が公式で配信されてます、見てね

www.youtube.com

 

興奮冷めやらぬままBと近くの居酒屋・塚田農場に入り推しの名前の酒があったので大興奮で頼みました。焼酎「二階堂」と「大神」です。アイドリッシュセブンのオタクは全員飲んでね。

 

そのあともずっとアニメはすごかった。全17話ずっとアプリのファンへのサービスとアニメから入る人へも分かり易いストーリー構成。

アイドリッシュセブンは本編ストーリー以外にも1部途中まではサイドストーリーということでボイスなしのストーリーが公開されていて、本編では語られなかったキャラクターの胸の内だったりとか間の時間とかが補完されていてこれがまためちゃくちゃいいんですけど、そのサイドストーリーもたまに踏まえていたりして。

ここから先の展開を知っているはずなのに、毎週ハラハラしながら、突然ぶち込まれる新曲に時には叫びながらみていました。

そして圧巻はダンスシーン。キャラの魅力を引き出しながらもめっちゃ動くめっちゃ踊る。感謝しかない。

第二期も決まりましたので、全員今のうちにアニメアイドリッシュセブンを見よう。

 

そして念願の1stライブ

これの発表はアニメ始まる前だったかな?第2回ファン感謝祭での発表だったような。

めちゃくちゃ嬉しかったし絶対に行きたかったし本当に楽しみだったんですが、反面、どこか冷めた気持ちもあったんですよね。

ずっと思っていたことがあって、私が行きたいのはIDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeのライブであって、声優さんのライブではなかった。

途中VRライブが開催されたりもしてめちゃくちゃ楽しかったですがそれもやっぱり生のライブと呼ぶには足りなかった。

正直に言うと少し不安だったんですよね、夢がぶち破られてしまったらどうしようっていう。

チケットも無事当たり、2日間参加できることになりました。近づいてくるライブ日程。不安な気持ちも2%くらいありつつ、全力で楽しもうという気持ちでした。

 

そして迎えたライブ当日…。

グッズの事前通販があったにもかかわらず買い逃していた私は(この辺から気合の薄さがうかがえる)、悩んだ末朝から物販に並びました。

会場は西武ドーム。物販は野外でしたがめちゃくちゃ人が多かった。けれど確かな実感としてあったのは、「あ、現実じゃん・・・?」でした。キャラクターの名前がついたグッズや、ライブTシャツやタオル、ペンライト。これはアイドリッシュセブンに限らずいろいろな二次元もののライブに共通していることだと思うんですが、「その作品を好きな人がその場にたくさん集まって、ライブのためのグッズを購入する」という空間がどうしようもなくただただ現実で、「あ、これからライブ始まるんだな、この現実で」という気持ちになりました。あと虹が出たりしててすごかった。(※アイドリッシュセブンは作中でよくアイドルのことを虹に例えます)

暑かったし一人で暇だったし疲れたけど通販買い逃して物販並んでよかった(ポジティブ)。

まあそんなこんなでライブが始まります。1日目の開始は17時。まだ明るい会場に流れるオープニング映像。上がる花火、湧く歓声。

いよいよ始まるんだ、と思ってペンライトを両手に待っていたら、聞いたことあるSE。そうです、アニメの最初の演出。「原作:バンダイナムコオンライン/都志見文太」とテロップが登場する最初のあそこの鼓動が脈打つ音。

そこに立つ7人のシルエット。すべての始まりの曲、MONSTER GENERATiONが始まりました。

www.youtube.com

 

もうあとはなにも言うまい…。

アイドリッシュセブン1stライブは控えめに言っても大成功だったと思います。

声優さんのライブであって、そうじゃなかった。たしかにIDOLiSH7とTRIGGERとRe:valeのライブだったんですよね。ほかの作品のこういったライブって行ったことがないのでアイドリッシュセブンが特別かどうか私には分からないんですが、たしかに現実で、IDOLiSH7とTRIGGERとRe:valeが見れました。それが本当にうれしかった。

想像の100倍すばらしい演出と、かっこいいダンスをしながら全力で歌うキャストのみなさん、凝った衣装、そして広がる色とりどりのペンライトの海。

私はずっと作中のファンになりたかった。毎週IDOLiSH7が出ているドラマを楽しみにして、Web配信番組を見て、ライブに行って「IDOLiSH7最高ーー!!」と叫ぶファンになりたかった。

その夢が叶った気がした。ライブ会場で何度も「IDOLiSH7最高ーー!!」と叫びました。その瞬間、私は確かにアイドリッシュセブンの中のファンの一人になれた。

ライブの最後の挨拶で、逢坂壮五役の阿部敦さんが「スタッフ、キャスト、ファン、全員の愛が本当にある作品」みたいなことをおっしゃっていました。

本当にそうだと思います。

あんな愛にあふれた空間あるんだな、と思いました。

ライブの1,2週間前に発売されたナナツイロREALiZEという曲が私はとても好きなんですが、ライブでも歌ってくれて。そこでセンターステージできらきらした瞳で、澄んだ綺麗な声で楽しそうに歌って踊る七瀬陸役小野賢章さんは紛れもないIDOLiSH7のセンターだった。ほかのメンバーは歌いながら花道を歩いたりトロッコに乗ったりで近くのファンに笑顔をむける。ファンはそれに笑顔と声援で答える。

…こんなに幸せな空間があるのでしょうか。曲の中に「この景色が答えだと分かるんだ」という歌詞があります。キャストの方も最後のほうのMCでおっしゃっていましたが、これが答えなんですよね。

↓ナナツイロREALiZE MV 全員スケボーがうまい

www.youtube.com

 

ライブの後

2日間にわたるあっという間だったライブを終え、冗談じゃなくこのあと1週間ほどそれ以外のことを考えられなくなるくらいには余韻が身体に残っていました。

毎日「あした円盤でてくれないと困る」と言っていました。(ちなみに8月24日現在まだ円盤の発売発表はされていません。公式頼むよ!)

そして同時に「アイドリッシュセブン推しててよかった」という気持ちが止まらなくなります。

これはさんざん言われていますが、アイドリッシュセブンのすごいところは、常にファンを喜ばせるサプライズを用意してくれているところです。

1stライブでも、アニメ二期決定や、アルバムの発売など、たくさんうれしいお知らせを用意していてくれましたし、ライブもアニメも今まで発売されているアルバムも、すべて期待の遥か上をいってくれる。ファンをびっくりさせよう、よろこばせようという公式の愛に対してファンは全力で喜んでいる。

なんだこの幸せのスパイラルは。アイドリッシュセブンは宗教…。入信してよかった…。

ついていけば必ず幸せにしてくれるという安心感がある。(本編はなかなかつらいストーリー展開ですがそれはいったんおいておきます。現実だからつらくても仕方ない。)

ナナツイロREALiZEで「Surprise!もっと起こすよ of course!革命はLifework アップデートされた夢をドラマチックに超えよう」という歌詞があるんですが、これは本当にアイドリッシュセブンという作品そのもの。

ドラマチックに超えていってくれるんです、そんなの夢を見ずにいられないじゃないか。

 

 

というわけで全人類アイドリッシュセブンをやってください。よろしくお願いします。